トップページ > パソコンを使いこなそう > タイピング

タイピング

タイピングはパソコンを使う上で欠かせません。すでにタイピングが速いのであれば問題ありません。しかし、もっと速く打てるようになりたいと思っていたり、他の人と比べて遅いと思っているのであれば、今より速くタイピングができるようになったほうがいいでしょう。速く打てた方が良い理由と、速く打つためのアドバイスをしていきたいと思います。

速く打てたほうがいい理由

パソコン打つ男性
タイピング

タイピングが遅いと、そのぶん作業に時間がかかってしまいます。速い人と比べると、何倍もの差がでます。この時間の差はもったいないです。作業が早く終わった分の時間を、コンテンツを考えたり、ホームページ制作の時間に使うことが出来ますし、休む時間に使うこともできます。時間を有効活用するためにもタイピングが速いほうがいいでしょう。

また、タイピングが遅いと就職にも不利です。タイピングが遅いという理由だけで採用試験を落とされるのはもったいないです。さらに、仕事でもタイピングの場面も多いでしょうから、速く打てて損することはありません。ぜひ速く打つ練習をしましょう。

速く打つために

ホームポジション

ホームポジション

まず、速く打つためには基本が大事です。そのために、ホームポジションを覚えて下さい。ホームポジションとは、タイピングをはじめる前に、キーボードの上に置く指や手の位置のことです。キーボードのFとJには少しでっぱりがありますよね。これは、キーボードを見なくても人差し指の置く位置がわかるようにするためにあります。

ここを基準に左手の人差し指がF、中指がD、薬指がS、小指がAの位置に各指を置きます。右手の人差し指がJ、中指がK、薬指がL、小指が+の位置に各指を置きます。このホームポジションをできるだけ崩さずにタイピングすることが大事です。タイピングした後は、必ずホームポジションに戻るようにしましょう。

タッチタイピング

タイピング
タッチタイピング

タッチタイピングは、キーボードを見ないでモニタを見ながらタイピングすることです。タッチタイピングの良い所は、間違って打った文字をすぐ発見できることです。キーボードを見ながらだと間違いの発見が遅れますし、修正にも余計に時間がかかってしまいます。また、キーボードとモニタを交互に見てという動作を繰り返すと、その分少しだけ時間のロスになっていまいます。なるべく早くタッチタイピングをマスターしておきたいでしょう。

タッチタイピングができるようになるには、最初は間違って打ったり時間がかかっても、モニタだけを見てタイピングすることです。もちろんホームポジションも忘れないようにしないと、キーボードのどこに指を置いているのかわからなくなってしまいます。

 

速く打つためには基本が大事です。とにかくホームポジションとタッチタイピングの2つは時間がかかってもできるようになりましょう。

ゲームをしながら練習

タイピングを速くするためには、とにかくたくさん打つ練習が必要です。その練習方法の1つとしてタイピングゲームを紹介します。タイピングゲームの良いところは、楽しくタイピングができるので、知らないうちにかなりの数の文字数を打つことができる点です。

ゲームをしていたら、いつのまにか上達していたということも珍しくありません。私自身もタイピングゲームで練習をしていたのでオススメです。いくつか楽しめるゲームを紹介するので、自分の気に入ったゲームで楽しんでみて下さい。

オススメタイピングゲーム

ページの先頭へ戻る