トップページ > 事前準備 > 制作ツール

制作ツール

ホームページを制作するには、HTMLとCSSの知識があれば手打ちでも制作が可能です。しかし、手打ちだと時間がかかるため効率が悪いです。また、自分で画像を用意できないとデザインの質があがりません。そこで、ホームページ制作に役立つソフトを活用してください。役立つソフトとして『Photoshop』『Illustrator』『Dreamweaver』について説明します。

Photoshop

Photoshopはホームページの完成イメージを作成するために使います。この完成イメージをもとにホームページを作っていくので、デザインの質が低いと、ホームページ自体の質も低くなるため重要な作業になります。Photoshopを使いこなせるようになると質の高いホームページ制作ができるようになるので、たくさん練習しましょう。

使いこなしたい機能

レイヤー (参考サイト
レイヤースタイル (参考サイト
不透明度 (参考サイト
パターン (参考サイト
カスタムシェイプ (参考サイト
など

代替ソフト

Photoshopは非常に高価なソフトなので、無料で同程度の機能を持った『GIMP』もオススメです。

Illustrator

Illustratorはロゴやイラストの制作など、ホームページのパーツ部分を制作するために使います。凝ったデザインのホームページにしないのであれば、使わなくても問題ありません。また、インターネット上を探すとベクター画像と呼ばれるIllustrator形式の質の高い素材が無料で配布されているので、それを利用するのもいいでしょう。

代替ソフト

Illustratorも高価なソフトなので、無料で同程度の機能を持った『INKSCAPE』もオススメです。

Dreamweaver

Dreamweaverは、ぜひ使いこなして欲しいです。このソフトを使うとHTMLとCSSの編集が楽ですし、時間の短縮にも繋がります。Dreamweaverの優れた点は、ホームページビルダーのような無駄なソースコードが記述されない点と、サイト管理機能によってサイト単位での修正が可能な点です。簡単にプレビューすることもできますし、初心者から上級者まで使えるので、ぜひ使えるようになってください。

代替ソフト

Dreamweaverも高価なソフトなので、無料で同程度の機能を持った『Aptana』もオススメです。

ページの先頭へ戻る