トップページ > アフィリエイトを始めよう! > 文章を書く

文章を書く

企画を考えたら、いよいよホームページのメイン部分の一つ、文章を制作します。どんなホームページでも必ず文章は必要になります。文章を書くのは誰でもできるため簡単そうですが、良い文章を書くのは難しいです。けれど慣れると楽しい作業でもあるので、まずはやってみましょう。

ホームページ制作と同時はダメ?

当サイトでは、ホームページ制作と文章制作を別々に行うようにしています。これは文章の質も、ホームページの質も中途半端にならないようにするためです。どうしても同時に作業してしまうと、ホームページ制作を先にやりたくなってしまい文章がおろそかになってしまいますし、ホームページのための集中力を文章制作にもっていかれてしまいます。そのため、文章は先に集中して書くようにします。そのほうが、デザインを考えるときも考えやすくなるメリットもあります。

ATOKのすすめ

ATOKはご存じでしょうか?ATOKは日本語入力システムの一つで、有料ですが変換機能が大変優れています。通常Windowsには、Microsoft IMEという日本語入力システムが入っていますが、うまく変換できなかったり、言葉自体が辞書に入っていない場合も多いです。ATOKはこまめに更新されるため、最近流行っている単語でも変換されます。ストレスのない変換機能は効率アップにも繋がります。文章をよく書く方には、ATOKに乗り換えることをオススメします。

目次を作る

文章を書く前に考えておきたいことがあります。それが目次です。基本的には、本と同じです。目次を作ることでホームページの全体像が見えますし、書き漏れがなくなります。各ページのタイトルもここで決めておきます。さらに、この段階から書くページの大まかな内容を決めておくと良いでしょう。 当サイトの目次サンプルも紹介します。参考にしてください。

目次サンプル

文章制作で意識したいこと

文章はターゲットユーザーを意識して書きましょう。小学生をターゲットにするのであれば漢字を少なくするなど、ターゲットユーザーを意識するだけで書き方も変わってくるはずです。また、できるだけわかりやすい文章にすることで、読み手に受け入れられやすくなりますし、伝えたいことが伝わる文章にもなるでしょう。

文章ルール

文章のルールをきちんと守ることが、良い文章へと繋がります。文章を書き終えたら、以下のルールをチェックしてみましょう。

・言葉を統一する。(例:ホームページ、HP、WEBページ⇒ホームページに統一)
・『です・ます』又は『である』のどちらかに統一する。
・1つの項目が長くなる場合は、小見出しをつける。
・1文が長くなりすぎないようにする。
・誤字・脱字がないようにする

ページの先頭へ戻る